関東エリア限定!戸建の外壁塗装をお探しなら、日本ペイントのダイヤモンドコート

ダイヤモンドコート 日本ペイント

よくある質問Q&A

点検・保証について

Q1. 水性シリコンセラが良いと聞いたが、同じような保証はあるのか?

A.ダイヤモンドコートをお奨めします。

水性シリコンセラは指定業者でなくても使われている市販塗料ですので、塗膜保証付保険による保証はありません。塗膜保証付保険による保証はダイヤモンドコートのみのシステムです。品質的にもダイヤモンドコートの方がグレードが高いものです。

塗料について

Q1.フッ素樹脂塗装と、どっちが持ちがいいのですか?

A.持ちは同等ですが、ダイヤモンドコートをお奨めします。

一般的に塗料の持ち(耐久性)は、期待耐用年数と言って、下地を保護する役割が果たせなくなるまでの期間を指しています。
つまり、色が変わってしまったり、表層が劣化したとしても、下地を保護する機能があれば、耐久性は続いていることになります。
ですから、早期に変色してしまったり、白っぽく表面劣化してしまったとしても、耐久性は続いていることになるのです。

ダイヤモンドコートの期待耐用年数はフッ素と同等ですが、塗った時の美観を長く保たせることができます。
耐用年数は同じであっても、そこに至るまでの美しさの持続こそが施主様が望まれることであり、本当の意味での高品質塗装と言えます。
※汚れにくさは超低汚染レベル

塗装システム・サービスについて

Q1.ある箇所は塗れないと言われたが、どうしても塗って欲しい。

A.塗装には塗れない素材があります。ダイヤモンドコートも同じです。

素材によって、塗っても早期にはがれてしまう部分があります。塗膜保証付保険による保証がありますので、その部分は塗れません。 美観上、どうしても塗らなければならないのであれば、塗膜保証付保険による保証の適用外になります。

Q2.前の業者の時は目地の部分がすぐに割れてしまった。

A.目地の上の塗装は割れます。ダイヤモンドコートも同じです。

サイディングボードの目地は幅が広くボード同士の伸縮や揺れを吸収するためのものです。目地の上から塗装すると、目地の伸縮で塗膜はひび割れを起してしまいます。塗膜が割れても目地の防水性には影響はありませんが、美観は損なわれます。
対策として、塗装後の目地の打ち替えをお勧めしますが、目地と塗装面の色が異なりますのでご了承下さい。

戸建にお住まいで外壁塗装をご検討の方はお気軽にお問い合わせください
施工可能エリア

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・群馬県・栃木県の全域、
茨城県南部
愛媛県中予地区

詳しい施工可能エリアはこちら